>

DIYはDo_It_Yourself=自分でやってみよう精神

いくつ見つけられる?あなたの街のDIY

一番手軽にDIYのお手本を見つける方法はインターネットで検索することです。
日本だけに留まらない世界のDIYがたくさんまとめられたページを見るのはノスタルジックな絵本や写真集を眺めているような気にさせてくれますよね。
でもそれで終わってしまってはもったいない!
あなたが学校や仕事に行くとき、ちょっとDIYを探してみませんか?

DIY探しの旅とまでは言わずとも、例えばたまたまランチに入ったカフェや飲食店なんかはDIY探しの絶好の場所です。
「この看板いいなぁ」とか「この店内の装飾素敵!」とか、少し心が動いたときに、ふっと「これってDIYかな?」という視点を持ってみてください。
どうやって作ったのだろうとか、誰がつくったのだろうとか、いつからここにあるのだろう、という風に作った人や作られた理由などをぼんやり考えてみると、街を歩くのが今よりちょっと楽しくなるはずです。

自分ならどうする?自分の好みを知ろう

DIYをたくさん眺めると、そのうち自分好みのDIYが見つかると思います。
「もうちょっとこうだったらもっと好きだなぁ」とか「あ、この瓶は照明に使われてるけどプランターにもなりそう。うちのあの植物を飾ったらもっと素敵に見えるかも」といった風にちょっとずつ"自分の世界"が出来上がって来るはずです。

そうしたら、DIYを見つける視点とDIYのアイデアへの柔軟な感性と感動を大切に自分のセンスを育てていきましょう。
部屋のインテリアや自分の服を買うときのように「あ、自分はこういうのが好みなんだ」というのを発見して覚えていくだけで良いのです。
デザインやお洒落に対する視点をもうひとつだけ増やすと、DIYだけではなく業者が施工した装飾や工場で大量生産される既製品の飾りもまた違った風に見えてくると思います。
そうやって少しずつ、自分の世界を磨いていってみましょう。


この記事をシェアする